2017.12.06 

USB接続デジタル入力ユニットUSB-DI(G)

型式番号:UIGJC-04 デモ機貸出
USB接続デジタル入力ユニットUSB-DI(G)

USB接続デジタル入力ユニットです。パソコン等をベースとして構築されるシステムに接点入力機能を付加できます。

製品の購入はこちら

基本機能

  • パソコン等のUSBポートより電源供給を受けながら稼働します。
  • ユニットに接続された機器の接点入力情報を、パソコン等に送信します。
  • データ送受信は、USBケーブルを利用した一般的なシリアル通信によって行います。

利用例

USB-DI(G)利用例

基本仕様

構成品
  • USB接続デジタル入力ユニットUSB-DI(G)ユニット
  • CD-ROM(ドライバー、動作確認ツール)
  • USBケーブル(Aオス:mini-Bオス)2.5m
  • 取扱説明書
  • 保証書
外形 幅66.5mm×奥行き28mm×高さ66.5mm
重量 約65g(本体のみ)
電源・消費電力 電圧:USBバスパワー DC5V
電流:Max. 20mA
動作環境 温度:5~40℃
湿度:20~80%(結露なきこと)
入力数 接点入力:8
入力定格 接点開放電圧:3.3 V
接点短絡電流:Max. 0.3mA
入力端子 φ3.5ミニジャック
USBコネクタ仕様 USB ミニBコネクタ
対応機種 USB端子を搭載するWindowsパソコン
対応OS Windows 10、Windows 8.1、Windows 7
全OS 64bit / 32bit に対応
インターフェース USB

構成品

USB接続デジタル入力ユニット本体

USB接続デジタル入力ユニット本体

USB接続デジタル入力ユニット本体です。パソコン等のUSBに接続されて電源の供給を受けながら押ボタンや外部機器から出力される接点信号をパソコン等へ引渡します。

USBケーブル

USBケーブル

USB接続デジタル入力ユニット USB-DIと汎用パソコンの接続に使います。

ダウンロード

製品カタログ

ダウンロード (PDF, 699KB)

マニュアル

ダウンロード (PDF, 891KB)

サンプルコード

アプリケーションからCOMポートドライバを使用するC言語のサンプルソースコードを示します。

//--------------------------------------------------------------------------
//  USB-Dx(G)シリーズ
//  C言語サンプルソースリスト
//
//  ※異常処理等イレギュラー処理は実装していません
//  ※ヘッダファイル等は適宜インクルードしてください
//--------------------------------------------------------------------------
void main( void )
{
    HANDLE hPort ;
    DWORD dwActual ;
    char pBuf[128] ;
 
    // ポートオープン
    hPort = ComOpen() ;
    if( hPort != INVALID_HANDLE_VALUE )
    {
    // DI情報の入力(入力3がONの場合に処理する)
    ReadFile( hPort, pBuf ,10 ,&dwActual ,0 ) ;
    if( pBuf[2] == '1' )
    {
        // 処理
    }
 
    // DO情報の出力(出力1と4をONにする)
    WriteFile( hPort ,"10010000\x0d\x0a", 10, &dwActual, 0 ) ;
    }
 
    // 終了処理
    EscapeCommFunction( hPort, CLRRTS ) ;   // RTSオフ
    SetCommMask( hPort, 0 ) ;
    CloseHandle( hPort ) ;
}
//--------------------------------------------------------------------------
//  ポートオープン
//--------------------------------------------------------------------------
int ComOpen( void )
{
    DCB PortDCB ;
    COMMTIMEOUTS ctTouts ;
 
    // ポートオープン
    hPort = CreateFile( "\\\\.\\COM1", GENERIC_READ | GENERIC_WRITE, 0, 0,          OPEN_EXISTING, 0, 0 ) ;
    if( hPort == INVALID_HANDLE_VALUE )
    {
    return( INVALID_HANDLE_VALUE ) ;
    }
 
    // ポート設定
    PortDCB.DCBlength = sizeof( DCB ) ;
    GetCommState( hPort, &PortDCB ) ;   // ポートのカレント状態を取得
 
    PortDCB.BaudRate = 9600 ;       // ボーレート:9600
    PortDCB.fBinary = TRUE ;        // バイナリモード、EOFチェックなし
 
    PortDCB.fParity = FALSE ;       // パリティなし
    PortDCB.Parity = NOPARITY ;
    PortDCB.ByteSize = 8 ;      // データ長:8
    PortDCB.StopBits = ONESTOPBIT ;     // ストップビット:1
 
    PortDCB.fOutxCtsFlow = FALSE ;      // CTS出力フロー制御
    PortDCB.fOutxDsrFlow = FALSE ;      // DSR出力フロー制御
    PortDCB.fDsrSensitivity = FALSE ;       // DSRセンシティビティ
    PortDCB.fOutX = FALSE ;     // XON/XOFF出力フロー制御
    PortDCB.fInX = FALSE ;      // XON/XOFF入力フロー制御
    PortDCB.fRtsControl = RTS_CONTROL_DISABLE ; // RTSフロー制御タイプ
    PortDCB.fDtrControl = DTR_CONTROL_DISABLE ; // DTRフロー制御タイプ
    PortDCB.fTXContinueOnXoff = TRUE ;      // XOFFはTxを継続する
    PortDCB.fErrorChar = FALSE ;            // エラー除去をイネーブル
    PortDCB.fNull = FALSE ;             // ヌルストリッピングをイネーブル
    PortDCB.fAbortOnError = FALSE ;     // エラー時にリード/ライトを中止する
 
    SetCommState( hPort, &PortDCB ) ;
 
    // タイムアウト時間の設定
    GetCommTimeouts( hPort, &ctTouts ) ;        // 現在の設定を取得
    ctTouts.ReadIntervalTimeout = MAXDWORD ;// 受信文字間タイムアウト
    ctTouts.ReadTotalTimeoutMultiplier = 0 ;    // 入力タイムアウト乗数
    ctTouts.ReadTotalTimeoutConstant = 0 ;  // 入力タイムアウト定数
    ctTouts.WriteTotalTimeoutMultiplier = 0 ;   // 出力タイムアウト乗数
    ctTouts.WriteTotalTimeoutConstant = 0 ; // 出力タイムアウト定数
    SetCommTimeouts(hPort, &ctTouts) ;
 
    // 回線制御
    EscapeCommFunction( hPort, SETRTS ) ;   // RTSオン
    return( hPort );
}

製品についてのお問い合わせはこちら

USB接続デジタル入力ユニットUSB-DI(G)についてのお問い合わせや見積依頼、デモ機貸出依頼は、電話(086-477-8328)または、以下リンク先のメールフォームをご利用ください。
製品情報に戻る